FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.18 (Sat)

「宿命」

どもっ! すっっっごいお久しぶりです (^^ゞ)

みなさん、とーーーぜん「宿命」日本版 ご覧になったでしょ?
ぽちこも。
と、言いたいとこですが・・・観てません。。(ミアネ・・サンちゃん)

でもね、でもね、、
どこのブログを見ても行って来たよ~~とか 何回目で~~す!なんて言ってるのを
聞いてたら(読んでたら)
耐えられなくなっちゃって
オリジナル版を家で鑑賞しました♪

映画館で見るように 電気を消して真っ暗にして(笑)



ここからは思いっきりネタバレです。

【More】




 ってことで、ずっと書きたくて書けなかった感想を書いちゃいます。
 

 まず第一に。 サンちゃんが出てなかったら 絶対に見なかった映画でしょう~~!
 正直、、、ひとつの作品としては、、、(以下自粛・笑)

 ただ、やっぱり チョルチュンはいい!
 これはファンということも含めてだけど 私はチョルチュンが好きですね~

 こういう裏社会を描くものって ほとんど見ないんだけど
 それはやっぱり共感できる部分が少ないから。
 私はフィクションだろうとノンフィクションだろうと その作品から伝わるメッセージに
 自分がうんうん。って共感したり共鳴したりしないと 面白いって思えない。

 それともう一つは、こういう映画は救いがないこと。希望がない。
 というより私にとっては感じられない。
 
 だから、、、誰かのファンになるってすごいなぁ~~~と ^^;

 私に新たな開拓をさせてくれたサンちゃんに感謝です(ププッ)



 宿命
 ヤクザだからと言って怖い面ばかりかと言えばそうじゃない。
 普通の人と同じように家族を大切に思うし、そんな部分を表現したかった。
 
 サンちゃんのその言葉通り、チョルチュンは本当に妹のことを大切にしてる。
 きっと ある部分では自分よりも大切にしてて
 チョルチュンなりの方法で妹を守ってきたんだろうな~~~

 だけど、私が一番にチョルチュンに共感したのは
 "気の小ささ"
 元々がチョルチュンのキャラというか 器というか、、、
 トップに立てる器じゃないんだよね。きっと。
 それでも本人は裏社会の中で のし上がっていきたいし
 だけど、ある程度になったら足を洗いたいって思ってる。

 のし上がりたいなら とことんやっちゃえばいいのに そうもいかず、、
 足を洗いたいなら さっさと抜けちゃえばいいのに それもしない。
 
 こんなような気持ちって 結構みんなあったりするんじゃないかな~~~


 ウミンのように たった一人で誰かのために立ち向かうってわけじゃなく
 トワンのように 全てを捨てて薬に溺れるほど落ちぶれられない、、、

 かと言ってヨンファンのように とことん策士にもなれない。


 ある意味、他の3人のキャラよりも人間臭くて(臭すぎて・笑)
 だから親しみを感じちゃう。


 だけどチョルチュンがそんな風になるには それなりの理由があって
 トワンの代わりに刑務所に入った時に
 とことん独りだということを実感して このままじゃ何も残らないって思ったんだよね。

 アノ性格じゃあ~ 更生するって言っても 誰かの下で雇われてなんて
 絶対に無理だろうし(苦笑)
 まっとうになった時に 生活出来る手段を確保してから 足を洗いたかった。

 なのに、自分が思い描いていることとは真逆に事が進んでいく。


 って、、、色々考えてると 誰が主役なの~~~?
 全部が全部 こうやってたら2時間じゃ収まらなくなっちゃうんだろうけど
 他のキャラは わかりづらいかも、、、



 宿命
 自分なりに 人のために泥水かぶったんだから
 これぐらいやってくれても 手を貸してくれても当然だろうというか いいだろうって思ってるのに
 周りは まったくもって冷たい反応で
 そんな環境に 追い込まれていくチョルチュンを
 サンウは 実にうまく演じてるな~~~って 見るたびに思う。



 ただ、、、何だろうな~~~ あと一歩というところでストンって落ちない。
 
 モッサの時にも感じたんだけど
 こうやって じっくり考えて考えて・・・考えて見る作品って、、、
 深いのか わかりずらいのか・・・^^;


 日本公開版はもうちょっとわかりやすくなってるのでしょうか?
 いろんな人の感想を見ると 賛否両論なんですよね。

 そういった見比べをするのも 楽しみ ^^

 ただ・・・基本ですね、、、サンちゃんの映画を日本で見られる有難さに
 感謝して見てこようと思います・笑
07:16  |  サンウなこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ぽちこちゃん♪ あんにょん^^

そう言う人多いよね~~
「サンウだ出ていなかったら見なかった映画だ」って・・・

実は、アクションノワールが好きじゃない私もその口で・・・
ただ、8回くらい見たあたりから、おもしろいと感じるようになるのよ♪
残酷なシーンとかに慣れてきて、ストーリー把握もしっかりできてきて
余裕を持って見ると、面白みが出てくるのよ
ただ、そんな見方ってやっぱり変なわけで・・・・

その中にあってチョルチュンは分かりやすくて、光っていて
だから、何度も見に行きたいのよね(笑)

でも、よく見るとみんな良い演技してるの~~
監督さんが「よくなかった点はすべて私の責任です」と言っていたけど、彼の潔い言葉は好きだし偉いけど、悪いけど「その通り!」って、掛け声入れたい(爆)

今は『宿命』、好きな映画です^^
natu |  2008.10.19(Sun) 07:31 |  URL |  【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.10.19(Sun) 08:54 |   |  【コメント編集】

★natuさん

あんにょん♪
そうですね~~!私も見るたびに 少しずつしっくりするようになってきてます。
でもこんな風に見るのって やっぱりファンだけですよね。
普通~~~の方々はそんなに見ないわけで、、、
1回でメッセージなりを伝えなくちゃいけない。
そういう観点からすると やっぱり「宿命」はわかりずらいし、×です(言っちゃった^^;)
スンホニは本とはもっとウミンの感情を表現したかったんじゃないかな~~って
思うような発言もしてたし、
そう!監督さんの力によるところって
やはり大きいですよね。

でも、私たちはサンちゃんのファンですもの♪
ファンくらい、たくさんたくさん見て
何回も見ると すごくいいのよ~~~って
言うことは許してくれるでしょう!(笑)
ぽちこ |  2008.10.21(Tue) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

★10/19 8:54の鍵コメさん

そうなんです ^^
なんのかんの言っても、外国の映画を買い付けてくれる人がいて
日本でのプロモーションを展開して
細かい調整が想像もつかないほど たくさんあって、、、
そういうことを経て 私たちのところに来てくれるんだな~~って思うと
まず、日本で気軽に見れることに感謝です ^^

いいですね~~!
私の夢はサンちゃんの映画を公開日に韓国で見る!
そして舞台挨拶でサンちゃんを見れたらラッキー☆っていうことです(笑)
いつかは絶対に実現させるぞっ!って思ってる夢です♪

オリジナルと日本版の違いを楽しんできますね~~!
ぽちこ |  2008.10.21(Tue) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://loverysangwoo.blog79.fc2.com/tb.php/488-d22234ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。