FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.02 (Tue)

それでもすごいけど...

今日はこのニュースがいっぱい!!!!

クォン・サンウ,ドラマ出演料自主削減

放送関係者にスターらの高額出演料論議が絶えることなく続く中で
韓流スタークォン・サンウ(32)がドラマ出演料を自ら削減することにして
不況にさまようドラマ関係者たちが歓迎している。

来年春放送予定のMBCドラマ'シンデレラマン'の製作会社は
"主人公のクォン・サンウが難しいドラマ製作現実を共感して 出演料上限制に
積極的に参加することにした"としながら"シンデレラマンの出演料を
一回当たり1500万ウォン以内で受けるといった"と2日明らかにした。
これはクォン・サンウが最近作のKBS2 '悪い愛'で受けた一回当たり5000万ウォンに比べて,
70%以上削減された金額だ。

最近不況の余波で広告収益が急減したうえに 天井知らずで沸き上がった高額出演料で
ドラマ製作環境が脅威を受けるや 放送会社とドラマ製作会社は
演技者らの出演料上限線を 一回当たり1500万ウォンに定める方案を議論したことがある。
特に韓国TVドラマPD協会が去る1日'TVドラマ危機と出演料正常化'を主題で開いたセミナーで
PD協会内部資料を通じてMBC '太王四神記'のペ・ヨンジュンが一回当たり2億5000万ウォン,
新人演技者も一回当たり1000万ウォンを上回る出演料を受けたと公開しながら,
高額出演料に対する反感がファンたちにまで広がっている。
反面韓国放送演技者協会所属1600人余りの演技者の中で
出演料で生計が可能な演技者は200人余なので演技者らのあいだにも
貧益貧 富益富現象が深刻化されたことが明らかになった。

こうした中トップスターのクォン・サンウが自発的に出演料を上限線に合わせて,削減するという
意向を明らかにしただけ これから他の演技者らのドラマ出演契約に先例になるものと見られる。

製作使用側は出演料を自主的に削減することにしたクォン・サンウに対する
有り難みの表示ですでに確定した'シンデレラマン'の日本輸出による収益を
インセンティブ式で別途に支給する方案を計画している。

クォン・サンウは"私が受けることになる出演料の10%は
芸能人奉仕団体の'タサモ'(暖かい人々の集い)に寄託する予定"としながら
"ドラマ製作環境が難しくなって大変に生活する先輩,同僚演技者らが多くのことと理解している。
これらに少しでも役に立てば良い"と話して暖かい心遣いを見せた。



70%削減された出演料でもすごいと思うけど(笑)
ほんと、出演料が高くて ドラマが製作できない状況に陥ることになるなら
それこそ本末転倒だものね~~~

ちゃんと歩み寄りを見せれば 相手も応えてくれるってもんです♪
サンウはどうしても日本版権が絡んでくるのは避けられないから
そういう問題も 今回はゴタゴタしないでいけそうな気配が感じられて またまた嬉しいです ^^

それから“タサモ”って結構 チャン・ドンゴンssiとかが参加している芸能人の慈善団体だったよね。
サンちゃんの名前はないんだなぁ~~って前に思ったことがあって なんとなくだけど覚えてるな~。

TFS
ほんとに冬男のサンちゃんです
22:44  |  サンウなこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://loverysangwoo.blog79.fc2.com/tb.php/571-980d981c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。